【ぽかぽかした金曜の晩に座ったままで】

満月の明かりとサクサクのカツサンド
TOP PAGE >

天気の良い火曜の深夜に座ったままで

今季は、海に入りに行っていないが、都合がつけばとても行きたい。
今、子供が2歳なので、海には入らせないで砂遊び程度だが、必ずおもしろがってくれると思う。
そうは言っても、今、パンパースをはいているゆえに、周りの人の事を思ったら海につけない方がいいかもしれない。
それ用のオムツもあるが、嫌な人もいて問題になっているらしいので。

ひんやりした火曜の日没はひっそりと
太宰治の、「斜陽」は、一気に読みたくなると思う。
戦争が終わるまでは貴族の娘だったかず子が、強くて引かない女になっていく。
なかなかカッコイイと思ってしまった私。
この人のように、誰にも負けない気の強さと、強引なくらいの我が戦争が終わったこの頃は必要であったのかもしれない。
しかし、不倫相手である上原の家内からすると大迷惑だろうと思う。

余裕で走る父さんと霧

友人のボーイフレンドが梅干しを販売しているとの事。
都内に本部があり中国に店もあり、和歌山にファクトリーがある。
全国にたまに、何名かのグループでデモストレーションをするらしい。
飲みながら、こんな話を聞くと、おなかがすいてきた。
梅干し食べたくなった〜!と言うと、もちろん!と出してくれた。
この子と食べた梅干しが、今までで一番美味しかった。
なんと、早速梅干しをオーダーしてしまった。

ひんやりした平日の午後は椅子に座る
昔ものすごく太っていた時に、毎日欠かさなかったのがハニートーストだ。
ピークの時は、夕飯の後に2枚以上食べた時期もあった。
さらにそれと同じくして、ハッシュドポテトにまで取りつかれてしまいデブの道へワープだったあの頃の私。
試みたダイエットが、変わり種ばかりだ。
例えば、スープのみの食生活。
これは2週間程おんなじスープのみのダイエットだ。
仕事先にも水筒に入れて持って行ったという徹底さ。
次がトマトを夕飯に置き換えるという痩身法。
全部、今では無謀。
その後、3年ほどで生活習慣を調えると、あっという間に元の体型に。
なんでも地道にするのが一番。

暑い祝日の昼に座ったままで

常にEくんから届くE−MAILの話は、何のことを話したいのか全然理解できない。
お酒が入ってても素面でもいまいちいまいちだ。
そう思っていたけれど、E君が会社で考えたという、会社の商品の梅干しに関してと、寄付金についての紹介文を読む機会があった。
ちゃんとした文書を書くことが出来るんだ!と思って、感動した。

天気の良い祝日の日没は立ちっぱなしで
久しく行ってなかった出張の時、初めて業務で同行したAさんは、背の高い大先輩だ。
初めて会話をして以降厳粛で、業務以外のお話は全然話す機会がなかった。
先日、ただ何気なくAさんの袖をまくった腕をみてかなりびっくりした!
大きめの天然石のアクセがいくつもつけられていたから。
咄嗟に、天然石興味があるんですね!と言ってしまったほど。
そしたらAさんは得意げで、しかもやさしい顔で、種類別の石の由来語ってくれた。

具合悪そうに踊る姉ちゃんと月夜

夕食時に、ビールを飲むのが習慣になっているけれど、最近はビールの後にワインも飲んでいる。
もちろん、その後に接待のような仕事をしないときに限定されるけれど。
実家を出ていた時に、マンションの近くでワイン専門店を発見して、父の日のために買ったことがある。
私は少々見栄っ張りなので、「1万円くらいのワインを探しています」なんて言って。
実家に届けた、ワインが1万円ほどしたことを耐え切れずに話すと、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
他に感想はなさそうだった。
そのことから、あまりワインの値段にはこだわらなくなった。
あー最高だと思える時間を過ごせるなら、お金や質にはこだわる必要は、今のところない。

気持ち良さそうに踊る君と擦り切れたミサンガ
人間失格を読破して、葉ちゃんの考えも共有できるな〜思った。
葉ちゃんは、人だったら誰だって持ち合わせている価値観を、たくさん抱いている。
それを、内側に隠さないで酒だったり女性だったりで発散させる。
物語の終盤で、居酒屋のママが「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と言う。
その一言で、葉ちゃんは世渡りが下手なんだと、本当に気の毒に感じてしまう。

涼しい金曜の日没はお酒を

見学するためにめっちゃたんまり歩く動物園は、7月は非常に蒸し暑くてしんどい。
友人夫婦とお子さんと自分の家族と連れだって見に出向いたが、すごく蒸し暑くてしんどかった。
とても蒸し暑いので、猿もゾウも他の動物もたいてい行動していないしし、奥の日陰に姿を隠していたりで、ひどく観察出来なかった。
今度は、建物内で日陰もある水族館などが暑い季節はいいかもしれない。
娘がもう少し大きくなったら夜間の動物園や水族館も楽しそうだ。

雲が多い金曜の夕暮れは昔を懐かしむ
末端冷え性にかかってからは、いささかしんどいけれど、何と言っても寒い時期がフェイバリットだ。
部屋の空気が乾燥しているからか、カラッとした匂い、さらに暖房器具の温かさ。
寒さの中の太陽って優雅な気になれるし、一眼レフを持って行った、夜の浜辺もいい感じ。
この場合は、一眼もいいけれど、トイで思いっきりシャッターに収めるのがそこそこかっこいい一枚が手に入る。

サイトカテゴリ

ただいまの時刻


サイトカテゴリ


例えば、何も知らない宇宙人に「第一歩」のことを説明するとしたら、どうやって説明する?「デザイナー」の雰囲気とか、いやいや、まずこの地球のことから説明するかもね。

Copyright (C) 2015 満月の明かりとサクサクのカツサンド All Rights Reserved.

ページの先頭へ