【ノリノリでダンスする兄さんと擦り切れたミサンガ】

満月の明かりとサクサクのカツサンド
TOP PAGE >

月が見える火曜の明け方に外へ

海辺がものすごく近くで、サーフィンの場所としてもたいそう知られている場所の歩いてすぐに住んでいます。
という理由で、サーフィンをしている方はものすごく多くいて、出勤の前に朝はやくちょっとサーフィンにという方もいます。
そんなふうに、波乗りをする方が多数いるので、いっしょに行こうと言われることが非常に多かったのだけれど、毎回断っていました。
その理由は、私が、運動神経が悪く、息継ぎできずに泳げないからです。
だけれども、泳げなくても大丈夫だと言われ、サーフィンをしてみたけれど行ってみたところは熟練者がサーフィンする海で、テトラポッドが近くに設置されていて、波乗りのスペースが狭い場所だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

風の無い水曜の朝にお菓子作り
水彩画やフォトといった美術が嫌いではないし、絵も自信があるのに、ものすごく写真が下手だ。
とは言っても、過去に上機嫌で、ペンタックスの一眼を重宝していた時もあり、どこに行くときにも絶対持ち歩いたりした。
笑えるほどレンズが合ってなかったり、変な配置なので、一眼が説教してきそうだった。
それでも、写真や画像処理はやっぱり最高にカッコイイと感じる!

じめじめした休日の夕暮れは昔を懐かしむ

昔から肉類をそこまで好きではない食べるものはどうしても魚類が中心になってくる。
そのことから、夏の、土用の丑の日の鰻は、大したイベントだ。
江戸のあたりで鰻を開くときには、背開きという風習があるという。
なぜか話すと、江戸時代から武家社会なので、腹開きにすれば切腹に由来してしまい、タブーなため。
それに対して、大阪の方で開く分には、腹開きである事が普通。
というのは、関西は商業の町なので、腹を割って話そうと言う意味につながるから。
逆説で、自腹を切るという意味にも通じるので、場合によってはタブーの時も。
というのは、関西は商業の町なので、腹を割って話そうと言う意味につながるから。
逆説で、自腹を切るという意味にも通じるので、場合によってはタブーの時も。
上記の知識は、旅行会社で働いていた時に、よく、お客様にしゃべっていた豆知識です。
上野駅より出発して、静岡県の浜名湖や三島や沼津の鰻を食べるために行くというコース。

息もつかさず話す妹と冷たい肉まん
人によって、物の趣味や気になるものが存在すると思うけれど、それを聞くのが大好き。
仲の良い子に問いかけてみたところ、お金、パステルカラーのランジェリーお母さんの事が大好きとの事。
さらに、異性の血管の出た手の甲。
最後に、スペイン語の響き。
私には理解できない。
リンゴ飴、シャツを身につけないでニット、軽い香水、声のかすれた男女が好きだと、話してみた。
なかなか理解不能だとの事だった。
まさにこれが、フェチという部類らしい。

余裕で跳ねる先生と観光地

このライカの一眼レフは、実をいうと、海岸で見つけた。
当日、8月の終わり頃で、ちょうど半ばで、いつもより暑くてたくさん汗をかいた。
美術館の前で大好きな彼女と喧嘩し、しばらく話したくないと言われてしまった。
気を取り直そうと、部屋からこの海岸まで、なんとなくやってきて、海岸をのんびり散歩していた。
その時、少々砂をかぶったこの一眼に出会うことができたのだ。
拾って、試しにさまざまな写真を何枚か撮ってみた。
一眼レフの所有者より、いいかんじに撮れるかもしれないと思った。
彼女の笑った顔撮りたいなー、とか、なかなかピント調節ってうまくいかないなー、とか思っていた。
連絡して、どうにかして会えたら、恋人に自分が悪かったと謝るつもりだ。
解決したら、この一眼、警察に届けよう。

雨が降る祝日の朝は微笑んで
5年前から、九州の南に住むようになって台風を大変気にかけることになった。
強風が全然違うからだ。
長崎に住んでいたことも千葉に住んでいたこともあるが、しかし、台風の風の強さが全く違う。
サッカーのゴールが転がり走ると聞いたときは、大げさだと思ったが、事実だった。
大型台風が直撃した後は、ヤシや大木は道に倒れ、海沿いの道路はゴミでたくさんで車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海辺の家や民宿では、車両のサイドミラーが破損したり、家のガラスが破損し、風が入って天井が壊れたりと本当かと思っていたようなことを見てしまった。
直撃せずにかすっただけでも風はめっちゃ強く、古い民家に住んでいると家の揺れてきしむ音が大変心配してしまう。

汗をたらして大声を出す彼とよく冷えたビール

子供のころよりNHKを視聴することがめちゃめちゃ増えた。
昔は、両親や祖父が見ていたら、民放の番組が見たいのにと思っていたが、近頃は、NHKも視聴する。
おもしろい番組がすごく少ないと考えていたのだけれど、近頃は、おもしろいものも多くなったと思う。
それに加え、かたい内容のものも好んで見るようになった。
それに加え、暴力的でないものや息子に悪い影響が非常に少ないものがNHKは多いので、子供がいる今は視聴しやすい。
民放では、アンパンマンですらものすごく攻撃的に見える。
いつもぼこぼこにして解決だから、私の子供も真似するようになってしまった。

蒸し暑い休日の夕方に散歩を
憧れているロシアに、いつかは旅したいという夢がある。
英語の勉強に飽きた時、ロシアの言語を学んでみようかと思い立ったことがある。
けれども、立ち読みしたロシア語の会話中心のテキストの最初だけで一時間ほどで辞めた。
verbの活用が生半可ではないほど多かったのと、発音の巻き舌だ。
ツアー客としてウォッカとオリビエを味わいに行こうと思う。

雹が降った祝日の夜に立ちっぱなしで

知佳子はAさんの事が大好きなようだ。
Aさんも知佳子を大切にしている。
Aさんが出張に行くときは、知佳子も連れて行ってもらっているし、前回は私も一日目だけ同伴させてもらった。
2人は私を同じ呼び方で呼びかけるし、何か意見を求める時は、まず私に質問してくれる。
なんとなく目をかけてくれている気がしてきて、とても心地がよかった。

息もつかさず跳ねる父さんと紅葉の山
服屋さんって絶対勤まらないと思うのは私だけだろうか。
出勤の度に、徹底的にコーディネイトしないといけない。
私なんて、会社で働くときはスーツ着ればOKだし、化粧だって簡単でOKとされる。
外出するときは、自分が納得する格好をすればいいし、在宅で仕事するときはTシャツにジーンズで大丈夫。
このことから、きっと、ファッションにかかわる商売には、向いていない。
服を買おうとしていると、店員さんが近寄ってきて流行やコーディネイトを語ってくれる。
どうしてもそれに固まってしまい、買わないで逃げてしまうのだ。
これも、店員さんって務まらなさそうと思う事の大きな理由の一つだ。

サイトカテゴリ

ただいまの時刻


サイトカテゴリ


日々の生活の中で、「策略」の立ち位置って、なんなんだろう。興味無いって言える?「研究家」は、アナタにとってどんな意味があるんだろう。

Copyright (C) 2015 満月の明かりとサクサクのカツサンド All Rights Reserved.

ページの先頭へ